PROFILE
CATEGORIES
Twitter
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD]
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD] (JUGEMレビュー »)

抽選でアクアプラント謹製ワニガメ根付が当たります。
特製ブックレットが欲しい人はビバガで買うか、お近くの爬虫類ショップへ。
RECOMMEND
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン (JUGEMレビュー »)

アマゾンでオススメしておいてなんなんだけど、ビバガ経由で買うと特製ブックレットが付いてくるので、そっちのほうがお徳かと。
抽選で50名様にアクアプラント謹製アメリカドクトカゲ根付当たりますよん。
もちろんべのはんでしか手に入りません。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
動物根付の絵付け体験

企画展「根付動物園〜沖縄の動物たち〜」に関連した特別ワークショップ!
世界で活躍する現代根付作家の守亜氏さんが来沖!!
守亜氏が作り出した動物根付の絵付け体験講座です。
講座では、セマルハコガメとイリオモテヤマネコの絵付けをおこないます。
本物のハコガメや標本のヤマネコを観察しながら、守亜さんに絵付けのコツを教えてもらおう♪


開催日:2019年1月13日(日)
開催時間:(小学生以下向け)10:00〜11:30 (中学生以上向け)14:00〜16:00
場所:沖縄こどもの国内 ワンダーミュージアム光のアトリエ
定員:20名
料金:800円 *別途入園料とワンダー入館料が必要となります。

同時開催:守亜企画展「根付動物園〜沖縄の動物たち〜」


お申込・お問合せは
沖縄こどもの国
電話098-933-4190
メール:vol.okinawa.4190@gmail.com

| とりとめなし | 12:51 | comments(0) | - | - | - |
というわけで2019
年越し、そして年明け、現在に至るまで制作をして過ごしております新年です。
今年もよろしくお願いします。


・まず年末のリクエスト企画の結果発表

結果は「猫又」ということになりました。


有効応募総数29票いただきまして、ありがたい限り。
5年ぶりですが、ほんとその日の夕方に思い立ったのでなんの予告もしていませんでした。大晦日の年が替わる瞬間によくもまあこれだけ酔狂な方がいらっしゃるなあと、ありがたい思いです。
いただいたリクエストの中に今作っているものとか、6月もしくは10月の作品展に向けて作ろうと思っていたものが結構あってびっくりしております。何が作られるのかはお楽しみということで。
実は猫又も今年の(もし開催されるなら)幻獣神話展用にとデザインを考えていたところでしたのでまさに渡りに舟でした。少し怖い感じにしようと思っています。



・オンラインショップの更新について
1月中を予定しております。
先日まで開催されておりました「探究者の部屋」が無事に終わりましていくつか作品が手元に帰ってきましたのでそれら+αをオンラインショップにアップします。彩色のスタチューと根付ストラップが数点のみの更新です。
(いくつかの作品はギャラリー花影抄さんへも行っております)



・沖縄こどもの国で作品展をします。
近々詳しくお知らせをいたしますが、概要は沖縄こどもの国のサイトのイベントページをどうぞ。
根付ストラップの絵付け体験も開催します(1月13日)予約受け付けておりますのでこちらもこどもの国のほうへお問い合わせくださいませ。
それに合わせて沖縄の動物たちの新作も制作中です。



怪獣根付新作はガメラ
これも年末に発売になり、お知らせをすっかり忘れておりました。
のちほどしっかりレビューいたします。
まあでもとにかくレギオンを根付にしたのはちょっと自分をほめてあげたい。
| とりとめなし | 19:41 | comments(0) | - | - | - |
2017・2018・2019
2017、昨年末に親父が亡くなりまして、
2018、今年、結婚をいたしまして、
2019、そして来年はどうやら僕が親父になるんだそうで、時と命が繋がっていくような様をぼんやりと考えてしまう年末を送っております。

そんな訳で今年は私事でいろいろと忙しくしておりまして、仕事の面ではあまり新しいことに取り組めていなかったなあ、と思います。
それでも今年は古代魚シリーズの新作や、怪獣根付も引き続き好評でお仕事の面では引き続き充実をしておりますし、群馬といつもの花影抄での作品展でも好評をいただきまして、ありがたい一年でした。

ここ1、2年前は北海道、もしくは九州で作品展をということでギャラリー探しやリサーチをしておりましたが、そんな上記の理由もあってしばらくはあまり遠くで作品展もできなくなりそうです。

それでも来年はすこし新しい試みをと考えていることもありますし、そのための準備を進めているところです。


まあ、もうすこしクレバーにならないといけないんだろうなあ、と考えることもあります。でもなんというか生来のぼんやりとしたやり方も嫌いではなくて、さてこれから先どっちに進もうかと、さすがにいろいろ考える1年でもありました。そういう意味では今年は体は忙しく動き回りながらも、頭で次への展開をいつも模索していました。
そんな中でここ数年意識しているのは、気持ちの面で余裕をもつということです。
どのようなことをするにせよ、これから先は〈余裕〉ということをキーワードにいろいろなことをしようと思っております。

今年もこの大晦日は家でゆったりと机に向かえております。
ですので、今年もいい1年でした。

来年はもう少し「趣味に生きようかな」と。


| とりとめなし | 22:27 | comments(0) | - | - | - |
今年最後の根付ストラップリクエスト
5年ぶり、おそらく始めてこのエントリーを読んで参加される方もいらっしゃるのではなかろうかと思います。
今年の残り5時間余りを使ってリクエストイベントを発動します。

内容は5年前と同じですが、ご一読いただいて奮ってご参加下さいませ。

 Twitter上リプライにて根付ストラップのリクエストをください(FB、mixi、ブログのコメント欄はややこしくなるので無効)。今年最後にいただいたリクエストを採用し、商品化します。

◆ШG最後、つまり現時点から来年の1月1日0時ちょうどまでの間で、いちばん0時に近かった方のリクエストを無条件で採用します。
なので23時台になんとなくリクエストいただくと、採用される可能性が高くなります。

:リクエストはお一人1回まで。2回以上頂いてしまった方は1回目も含めて無効とします。

ぁШG最後、つまりボーダーラインは今日の23時59分となりますが、その判定はワタシのTL上にて判定します。

ァД螢エストジャンルは「いきもの」、動物、植物、幻想動物等は問いません。細かいデザインはワタシに一任されます。(例えばドラゴンが採用された場合、ワタシの解釈で作ります。)

ΑШ埜紊砲發Π貪戞⊇厳廚隆蔑化の為、リクエストはTwitterのリプライ限定とします。
そして、採用された方にはそれをプレゼントいたします。(来年の春くらいまでにはお送りします。)(発送先などは決定後にご連絡しますので、リプライ上に書かないでください。)

А0時近くになるとTwitter自体が重くなるかもしれません。それはそれであくまでもワタシのTL上で判定します。いつ送るかは貴方次第。集計と結果発表は明日の午後、ブログとTwitterにて行います。それではどうぞよろしくお願いします。


と、いうわけで実に5年ぶりの年末リクエスト企画です。突然思いだしたようにやってみます。最近はなんやかんやと忙しく、私事や私信をあまりツイートしていないわけでして、そういう意味では残り5時間でどれだけの方の参加があるのかわかりません。無かったら無かったで面白いなーと、思いながら私自身はぼんやりと、とは言え作業をしながらの年越しです。
今年最後の運試し。よかったらご参加下さいませ。
| ケイタイより | 18:56 | comments(0) | - | - | - |
探究者の部屋 第三章〈幻想〉
探究者の部屋という展示イベントに参加いたします。
期間が短いのですが、今年最後のイベントですので少しだけがんばって準備してみました。
他にも多数の作家さんの作品が一度に見られるようです。よかったら足をお運びくださいませ。

探究者の部屋 第三章〈幻想〉

12月22日(土)〜12月25日(火) 
三省堂書店池袋本店4階イベントスペース『Reading Together』


詳しくはこちらへどうぞ。
・「探究者の部屋」の詳細情報
・「探究者の部屋 第三章〈幻想〉について

そしてアクアプラントの出し物は、スタチューと限定彩色版の根付ストラップです。

まずは今年制作の九尾

彩色方法をがらりと変えてみました。細い筆のタッチでグラデーションをつけています。


朱雀

これも細い筆で羽毛を一枚一枚塗り分けています。ぜひ近くで見てみてほしいです。


グリフォン



オオカミ


あとはもう何点か出展予定です。


それから根付ストラップのほうはこんな感じです。

獏、白澤、龍亀
クビワオオコウモリ、アヌビス
ワンポイントで塗装を施した珍しいバージョンです。
せっかくなのですこしカラーバリエーションを作ってみたものもあります。
こちらも是非会場にてご覧ください。




余談をすこし。

探究者の部屋第三章のページの詳細ページのこちら、
アクアプラントのお隣が金崎遥さんという金属工芸作家さんですが、この方私が地元でほんの数年間講師をしていた短大に在籍していた実の教え子です。
なんというかこういうめぐりあわせもあるのだなあとしみじみした次第です。
私とはまた違ったコンセプトで自然物にアプローチしている繊細な作品群です。「やわらかい」「やさしい」というようなキーワードが容易に思いつきますが、実のところは「そうあってほしい」という切望のカタチなのかもしれないなあ、なんてことを思ってしまったりします。
おそらくこういうコンセプトで今回のイベントにも出されていると思いますのでよかったら少し気にして探して見てみてください。
せっかくなので作品もすこしご覧ください。


それから、年明けしばらくのちにオンラインショップを更新する予定です。
内容は今回のイベントから帰ってきたスタチュー、もしくは何も帰って来なかったら新しく彩色するスタチューか、いずれにしても数点をオンラインショップにアップする予定です。
なんなら今からでも「これを塗ってみてほしいのだけど」とリクエストをいただけてもいいのです。いいのです。
最近すこし彩色するのが楽しくなってきています。でも彩色は思ったよりも時間をとられてしまうのが難点。年末年始はすこし造形に専念するつもりですが、息抜きにじっくり彩色なんていうのもいいなあと思っています。

| 参加イベント情報 | 01:38 | comments(0) | - | - | - |
このページの先頭へ