PROFILE
CATEGORIES
Twitter
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECOMMEND
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD]
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD] (JUGEMレビュー »)

抽選でアクアプラント謹製ワニガメ根付が当たります。
特製ブックレットが欲しい人はビバガで買うか、お近くの爬虫類ショップへ。
RECOMMEND
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン (JUGEMレビュー »)

アマゾンでオススメしておいてなんなんだけど、ビバガ経由で買うと特製ブックレットが付いてくるので、そっちのほうがお徳かと。
抽選で50名様にアクアプラント謹製アメリカドクトカゲ根付当たりますよん。
もちろんべのはんでしか手に入りません。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
オンラインショップ更新しました
アクアプラントオンラインショップを更新しました。

オオアタマガメ根付



素体根付ストラップシリーズ



根付ストラップ(小)
ブラックツリーモニター
エボシカメレオン
スズメバチ

そのほか、マレーバク、オオコウモリ、クレステッドゲッコーなどを販売再開いたしました。

次回更新は4月を予定しております。




また、高円寺の爬虫類ショップエンドレスゾーンさんに根付ストラップを納品いたしました。
今週末開催されるレプタイルフィーバーにて販売開始される予定です。
| オンラインショップ情報 | 19:25 | comments(0) | - | - | - |
今後の予定、作品展&オンラインショップ
守亜作品展「けもののけもけも」
3月20日(月・祝)〜26日(日)※23日(木)休廊
ギャラリー花影抄(東京・根津)


というのが、今年の春からの活動初めとなります。
タイトルの通りけもの(哺乳類)の幻想生物をテーマに根付とスタチューの新作を中心に展開します。
詳しくはまたのちほど・・・


アニマルパーク展
4月19日(水)〜25日(火)
日本橋三越
こちらは動物モチーフの作品を制作する作家陣によるグループ展です。
守亜はカメをテーマに出展します。


守亜作品展「私的熱帯世界」
8月9日(水)〜15(火)
日本橋三越
久しぶりに都内でネイチャー系の作品をメインに個展を開催します。
テーマは「日本、アジア、そしてアフリカ、マダガスカルへ」と動物を巡りながら世界を半周しようという試みです。
久しぶりに大作のスタチューを制作しています。根付も日本、アジア、アフリカの動物たちを1点ずつ制作していこうと思っています。
まだまだ半年後の予定ですが、気を抜くとすぐにやってきますのですでにいくつかは制作を始めています。

さらに8月は、おそらくこの作品展と同時期、同じエリアでもう一つ二つ作品展に参加を予定しております。
こちらはもう少し近づいてきたら情報をお知らせできると思います。
こちらは幻獣系のスタチューと根付を1点ずつ制作します。(と書くと、勘の良い方は「去年も参加したアレかな?」と気が付くかもしれません)



それから春〜夏のイベントはまあまあいつも通り。
5月:デザフェス(これだけイレギュラー)(内容もイレギュラー)
6月:九レプ
7月:ワンフェス
8月:夏レプ


という感じ。
こちらものちほど決定してお知らせしますが、Tシャツについては今後規模縮小よ予定しています。
主な理由としてはプリント屋さんの事実上の値上げにともなうあれこれ。という感じ。
今後は予約販売をメインに展開していきたいと思っています。



さて、一部の方が気になっているオンラインショップの更新についてお知らせします。
目標は2月中・・・です。

エンドレスゾーン、iZoo、パラボリカ・ビス、WING21、アートスプーンにも今月中の根付ストラップの納品を目指します。








| 作品展情報 | 19:17 | comments(0) | - | - | - |
ワンフェス2017冬
アクアプラント:5−25−02


というわけでワンフェスです。
今回はいつものガラス作家ケンタロー氏に加えて、ヤマモト生物模型さんの「ワオキツネザルの親子」も委託にて販売いたします。


根付
・オオアタマガメ



キット版根付ストラップ
・コツメカワウソ
・アメリカドクトカゲ
・アカメアマガエル



根付ストラップ(大)
・マレーグマ
・シャチ
・ボールパイソン
・オサガメ(改)
・タヌキ(改)
・マレーバク(再)
・ゴリラ(再)



根付ストラップ(小)
・エボシカメレオン
・ブラックツリーモニター
・スズメバチ
・ネコ
・ヘサキリクガメ(改)
・ギリシャリクガメ(改)
・インプレッサムツアシガメ(改)
・キボシイシガメ(改)
・アホロテトカゲ(改)
・フェネック(改)
・ハリネズミ(改)
・ポリプテルス・ビキール(改)
・オオコウモリ(再)
・ハシブトガラス(再)



Tシャツ
・グリーンイグアナ





ケンタローさんの作品はカエルを中心にヤモリ、カメレオン、クラゲ、タコ等なかりのバリエーションと数があります。





ヤマモト生物模型さんは引き続き「ワオキツネザルの親子」(完成品)を販売。
おそらくこのワンフェスが終わると次の展示販売は未定となるようですのでお見逃しなく。



| 参加イベント情報 | 00:09 | comments(0) | - | - | - |
東宝怪獣根付シリーズの新作たち
先日立て続けに発表になりました東宝怪獣根付シリーズ第6弾と新たな怪獣根付ライン“凝”が発表になりました。

今までは1シリーズ3作品、そのうち1体はゴジラバリエーションという内容で展開してきたのですが、今回は特別編的編成で3作品全てがゴジラというラインナップです。
やはりシン・ゴジラの人気に後押しされたラインナップにになっているのだと思います。

まずはやっと登場のキンゴジ

これで、昭和版(というか84年以前)のビッグ3が揃いました。
人気があり、また特徴的なゴジラですので製作はかなり苦労させられましたが、その分納得のこだわりの出来になったと思います。
詳しいコメントは発売になってから書きたいと思います。


そして、あとの2作品はシン・ゴジラから、
第4形態覚醒版


そして、

第2形態


こちらも詳しいレビューは後程にしますが、製作した時期が例の本「ジ・アートオブ〜」の前でしたのでいろいろ資料が揃わない中で映画を見直しにいったり、友人たちの所見を参考にしたりといろいろと想いのこもった作品たちになりました。
中でも形態進化学者の倉谷滋さんに製作が押し迫った12月にお会いしてお話を聴けたことが大変参考になりました。
折しも倉谷さんもこの2月に「ゴジラ幻論 ――日本産怪獣類の一般と個別の博物誌」という本を発売するとのこと。こちらも非常に楽しみです。




さて、そして、怪獣根付シリーズに新たなシリーズが加わわることになりました。その名も“凝”シリーズと題したミニサイズのものです。
まずはやはりシン・ゴジラから第2、第3形態がラインナップされることになりました。




こちらはゴジラ・ストアでの限定販売となるようです。
さらに数量限定とのことですのでお早めにチェックをお願いします。

こちらも各怪獣(というか今回は巨大不明生物ですか)の表現方法、根付としてのデザインの方向性、さらに現行の怪獣根付シリーズとの差別化などでいろいろ考えさせられることが多い作品たちとなりましたが、そちらの話も追々・・・


まずは、新たな怪獣根付をよろしくお願いします。

東宝怪獣根付キンゴジ

東宝怪獣根付シン・ゴジラ覚醒ver.

東宝怪獣根付第2形態

東宝怪獣根付“凝”第2形態

東宝怪獣根付“凝”第3形態

| 怪獣根付 | 18:29 | comments(0) | - | - | - |
台湾での根付展再び。
IMG_8164.JPG
台湾での根付展が再び始まりました。今度は台湾自然科学博物館にて、今年の8月末までの開催です。

開催に際しての記念講演とワークショップのために台湾に行っておりました。

ワークショップのほうはヤマネコの顔の模様や虎耳状斑を説明しつつ、根付塗装体験。
前回の台北動物園のときよりも平均年齢低めでなかなか難しいところもありましたが、無事に終えられました。
単に塗って楽しいというよりは、動物(今回は台湾のヤマネコ)の姿の美しさや法則性を自分で塗って体験して、そこから身近な里山の動物に興味を持ってもらえたらいいかな、という内容でした。


というわけで、とりあえずは無事の帰宅のご連絡。
根付展の情報は改めてこのブログにてお知らせいまします。

さて、帰って早々今週末のアートスープ(前橋)でのイベントとワンフェスの準備に取り掛かっています。
一気に仕上げていきましょう。
| ケイタイより | 21:15 | comments(0) | - | - | - |
このページの先頭へ