PROFILE
CATEGORIES
Twitter
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD]
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD] (JUGEMレビュー »)

抽選でアクアプラント謹製ワニガメ根付が当たります。
特製ブックレットが欲しい人はビバガで買うか、お近くの爬虫類ショップへ。
RECOMMEND
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン (JUGEMレビュー »)

アマゾンでオススメしておいてなんなんだけど、ビバガ経由で買うと特製ブックレットが付いてくるので、そっちのほうがお徳かと。
抽選で50名様にアクアプラント謹製アメリカドクトカゲ根付当たりますよん。
もちろんべのはんでしか手に入りません。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
幻獣神話展
遥かなる憧憬との対峙
幻獣神話展V

2018年 8月9日(木) 〜 18日(土)
11:00〜19:30 ※入場無料

会場: 東京交通会館 地下1F ゴールドサロン


問合せ先: スパンアートギャラリー
Tel:03-5524-3060



【 展示作家 】

アオガチョウ / 青木俊直 / 浅沼テイジ / 麻宮騎亜 / 愛実 / 市川友章 / イトウケイイチロウ / イマムラセイヤ / 江本 創 / 大石容子(月兎耳) / 太田 翔 / 大野萌菜美 / 岡 健之 / 鬼塚kama / 開田裕治 / かざあな / 一峰大二 / 香取正樹 / カミジョウヒロ / 唐沢なをき / 木村 龍 / 弘司 / 寒河江智果 / 櫻井紅子 / さちこ / 三条獅子 有忠 / 清水イズ / スクリーミング・マッド・ジョージ / 添田一平 / ソノヤマ・タカスケ / 空山 基 / 高嶋英男 / 高橋葉介 / 高橋邑木(タカハシ ユウキ) / タカヤマトシアキ / 槻城ゆう子 / Deino(前田 幸太郎) / 寺田克也 / 天神英貴 / とやまみーや / 中川知洋 / 永島信也 / 永野のりこ / 西川伸司 / NeQro(ネクロ) / 衣(hatori) / 花上貴之 / 林美登利 / 雛菜雛子 / 百武 朋 / 藤ちょこ / 穂坂英樹 / 骨オヤジ / 前田ヒロユキ / 松村しのぶ /牧田恵実 / 丸山 浩 / マンタム(田村秋彦) / 緑川美帆 / 向川貴晃 / 守亜 / 森園みるく / 諸星大二郎 / 山田雨月 / 山脇 隆 / 横倉裕司 / るるい宴(DUNE+鷹木骰子) / 渡邊光也

主催:スパンアートギャラリー

企画:開田裕治 / 開田あや / マンタム / スパンアートギャラリー




というわけで今年も幻獣神話展に参加いたします。
去年に引き続き根付の彩色版を数点とスタチュー作品を新たに制作しました。
ご高覧いただけましたら嬉しいです。
例年のルール通りなら会場内は撮影禁止ですので、見に来る価値は十分ありです。
よろしくお願いします。

それでは出展作品をご紹介いたします。

・鵺


・狼


・獅子・狛犬


さらにグッズ類として限定版の根付ストラップが5種類あります。
うち3種が今回のために作り下ろした新作です。

・グリフォン


・ドラゴン


根付ストラップのほうはすぐにお持ち帰りいただけます。
それぞれ限定10個ずつです。


これ以降の情報、画像などはツイッターでの更新をお待ちくださいませ。


販売方法に関してのお問合せはスパンアートギャラリーへお願いします。
もちろん初日のオープン時に直接ご来場いただくのが確実です。
よろしくお願いします。
| とりとめなし | 17:54 | comments(0) | - | - | - |
お久しぶりのヤフオクです
というわけで、おひさしぶりのヤフオクです。よろしくどうぞ。





今回は図らずもカメ特集ということになりました。
ケモノとトリもできたらいいかなあと思っていたりするのですが、いつになるのやらでしょうか。

まあなんといいますかご察しの通りと言ってしまえば身も蓋もないのですが、こういうリアル塗装版にリクエストが来るアイテムはかなり固定されておりまして、セマル以外はもうばっちりリクエスト通りに作っておきました。


思い返せばヤフオクを利用するようになったきっかけは2つあって、ひとつはアクアプラントブランドの広報的な意味合い。そしてもうひとつは、リアル塗装版をたまに作りたいのだけどさてどのタイミングで出しましょうかね…という逡巡から販売のひとつの手段として利用を始めたのでありました。
僕自身はこういう小さいのをちまちまと塗ることもわりと好きで、たまに塗装してみたりしています。
最近はふいっと告知なしでイベントに置いておくことのほうが多かったのですが、今回は数が出そろったのでお久しぶりのヤフオクと相成りました。
まあ、1年に1回以下のペースですがこれからも細々続けていこうと思います。
リクエストなんかも素体があるものに限ってはわりと素直に受け入れたりしてります。僕が忘れたころにいただくのが効果的だったりもして(苦笑)



さて、そろそろワンフェスの告知もしないといけませんねえ。
| とりとめなし | 01:12 | comments(0) | - | - | - |
2018
というわけでつつがなく新年を迎え、こちらをご覧の皆様におかれましては相も変わらずのご贔屓誠にありがとうございます。
どうにも最近このブログの更新頻度が鈍ってきているのが心持ち気になっているワタクシでありますが、その分だけ忙しくしております。おそらく今年も基本的には大事なお知らせを中心とした更新になってしまい、雑記雑感の類はやはり少なくなってしまうと思います。その分だけ、制作過程や作品展、イベントの情報、また引き続いての怪獣根付の情報は細かくお知らせしていきたいと思いますので、どうぞ本年もよろしくお願いします。




このブログでは全く触れていないのですが、というかここ以外でのSNSでもほとんど触れていないのですが昨年は公私、とりわけ“私”の部分で悲喜織り交ぜていろいろあった年でした。引き続いて今年も私事でバタバタと動き回る年になりそうで、気を引き締めて仕事をしていかないと“私”に引っ張られてしまいそうです。

どうにも情けない話ですが、昨年春の花影抄での作品展、夏の日本橋三越での作品展で、私のやりたいことがすこしだけひと段落してしまったこともあって、なんとなく今年は「ネクストシーズン」という言葉が頭をよぎっております。
ほんの少しだけの燃え尽き症候群と無限に広がる次回作への構想の中で、なんとなく浮遊感を感じながら「さて、何から手を付けたものか・・・」といったところでしょうか。
まあ、やることはほとんど決まっているのですが。順番の問題とも言えます。
この仕事を始めた時からずっと作りたかった作品を、もしかしたら今年こそは手を付け始めることができるかもしれません。

そして上の画像はいえば、昨年のいろいろあった私事の中のほんのちっぽけなトピック「ボールパイソンを飼い始めました」という報告の画像です。
今まで、いやそもそもこの私のキャリアのごく初期から何度となく取り組んできたモチーフなのに。そういう意味では日本でのボールバブル前夜から関わってきたヘビなのに。いまさらながら初めてうちに迎え入れた次第です。
個人的には今だからこそのボールといったところで、こんな綺麗なモルフが割とお気軽に飼えて(買えて)しまうのはバブルを経て充実して、落ち着いて、このタイミングならではだと思います。
たぶん今年中にはこの子をじっくりと観察しながらひとつ作品を作ってみたいと思っています。
そういう意味ではキャリアの初めのころは特にあるモチーフを作品にする際には「実際に実物を見る」「飼えるようなら飼う」というのを心掛けていたのを改めて思い出したりもしています。
そういえば、だからマダガスカルにも行ったんだったなぁ、と。
一匹のボールが初心を思い出させてくれました。


長々だらだらと書いてまいりましたが、おそらく今年もマイペースに、ですが着実に新しい作品を制作していくと思います。
ネイチャー系、幻獣系、それから怪獣系に至るまで続々と発表していくつもりです。
初夏に地元桐生にて、初秋にいつもの花影抄にて作品展の予定もあります。
本年もひきつづきのご愛顧よろしくお願いいたします。


2018年吉日
守亜 和由喜
アクアプラント
| とりとめなし | 00:38 | comments(0) | - | - | - |
再起動
ただ忙しかったとか、ただ風邪をひいていたとか、ただただいろいろあって、ということではなかったわけなのですが、まあそのいろいろも過ぎて、ようやっとリブートです。とはいえ、いろいろ過ぎ去った後にやってきた久しぶりの風邪の症状とは今もってお付き合い中。治りかけのタイミングで襲来する「飯の味がいろいろわからなくなる期」に突入しておりますので完治はさほど遠くないでしょう。

さて、そんないろいろあったこの2週間ほど。とりあえず自分自身を元気づけるにはカレーを作り、カレーを食すこと以外に選択肢は無いのでありました。

ちょうどいいタイミングでスーパーで見つけたステーキ用のラムと鍋用と書いてあった鴨をつかってのカレー。
ラムの方はトマトとガラムマサラをたっぷり使った濃厚仕立て。鴨のほうは和風だしとネギであったりふんわり仕上げてみました。
制作をしているときが結局一番幸せな僕ですが、次にはやっぱり料理をしているのが癒しの時間です。


さて現在はと言いますと、わりと急ぎの「途中経過をお見せできない仕事」を今日のところは目下進行中。
それと同列で冬のイベント群にむけての根付ストラップの制作も進行させています。

以下業務連絡的に、Tシャツとクリアファイルのデザインは年内中に完成させますのでとりあえずよろしくどうぞ。


それから、夏以降の新作、根付ストラップとTシャツについては年内中にオンラインショップの方へアップいたします。
もう少々お待ちいただけたらと思います。(16日くらいを目標に・・・)


さて、これからあいつらの目入れのお仕事です。
| とりとめなし | 15:35 | comments(0) | - | - | - |
MAILER-DAEMONよりの使者
お問合せフォームより、08月25日 09時22分にシーラカンスについてのお問合せをいただいたA様へ。おしらせいただいたメールアドレスに不具合があるようです。返信しましたがこちらかのメールが届きませんでした。
もし自動の確認メールが届いていないようでしたら、メールアドレスにスペルミスがある、こちらからのメールが受け取れる設定になってない等の理由が考えられます。
| とりとめなし | 14:03 | comments(0) | - | - | - |
6月中は・・・
一年のうちに1、2回はどうにもならないくらい忙しい時期があったりするのですが、この6月はかつてないほどの忙しさなのです。
というか作るつもりだったもののいくつかはもうあきらめました。ですが、まだまだやるつもりのものも全部間に合うとは限らないなあ・・・という状態。

というわけで、とりあえずこの6月はこちらのブログもお休みいたします。
まあ、いろいろ仕上がらないことにはお知らせする事柄もありませんので、ちょうどいいといえばちょうどいい。
インスタ、ツイッター辺りはくだらないことや、制作状況などをお知らせしたいと思いますのでしばらくはそちらでよろしくお願いします。




いやー、ほんとに間に合うのだろうか・・・
こつこつとがんばっていきます。
| とりとめなし | 22:53 | comments(0) | - | - | - |
オンラインショップの更新について




オンラインショップの更新時期についてお知らせします。

とはいえ、以前のお知らせで「4月中旬」としたものの更新できませんでしたので、とりあえずしばらくの間未定。もちろんするつもりはあるのですが・・・という事だけお知らせするにとどめておきます。

現状ではデザフェス&九レプのほうが早く来てしまいそうな予感。
上記のイベントに合わせて追加の塗装作業を組んでおりますので、それらのイベントが終わり次第・・・と、そんなことを安易に思っているのですが、おそらくちょっと無理そうな気配。

正直に言いますと夏の作品展群終了まではどうにも身動きが取れそうもないような、そんな気もしている今日この頃です。
夏も近づいておりますのでTシャツの更新だけは早めに・・・と思ってはいるのですが・・・
まあ、今シーズンはちょっと気長にお待ちくださいませ。
そうこうしているうちに夏のイベントに向けての新作根付ストラップの制作も進んでおりまして、とりあえず夏までは「イベントか作品展にてお会いいたしましょう!」というそんな感じでどうかひとつ。
ワンフェス、夏レプには新作を持って参上いたしますので、よろしくどうぞ。
そして今年の夏のメインは久しぶりのネイチャー系メインの都内での作品展です。こちらの準備のためにいろいろなやりたいこと、ほんとはやらなければならないことまで含めて滞りがちになっております次第。
こちらのお知らせはもう少し先で、現在いろいろと鋭意制作中であります。(でもこのGW中にやっているのは別の原型制作のお仕事だったりしていつになくもうてんやわんやです)


そういえば、今年予定している北海道での作品展について、ギャラリーさんに渡りをつけていただくはずの方から今日現在連絡がありませんので、こちらも停滞中。
と思っていたら、こちらのイベントに誘われましたので、6月は北海道へどうぞ。

ハモリ展




| とりとめなし | 21:44 | comments(0) | - | - | - |
彫刻アニマルパーク
彫刻アニマルパーク

4月19日(水)〜5月2日(火)

日本橋三越 本館6階アートスクエア




総勢37名の作家による動物をテーマにしたグループ展です。
守亜はカメをモチーフに新作を含めて数点発表いたします。
出品リストはまた後程・・・


僕にとっては8月に同じ場所で開催する個展の為の前哨戦のような気持ちでおりまして、久しぶりにそこそこ大きな作品を制作しています。普段とは違う表面積の立体物に細かな表現を刻んでいくことがなかなか心地よくて楽しく作業を進めています。



※通販やお電話での注文を受け付けるのかについて
僕にはわかりませんので、会期中に直接会場までお問合せいただければと思います。
よろしくお願いします。
| とりとめなし | 00:07 | comments(0) | - | - | - |
守亜作品展「けもののけもけも」に際し
展覧会開催に際しまして、初日を混乱なく進めるため、以下のようなルールを設定いたしました。


お手数をおかけいたしますが、お目を通してご来場頂ければ幸いに存じます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

・直接ギャラリーにいらしていただいてのオーダーとなります。
彩色作品、根付作品の一部は作品展終了後にお渡しになります。(発送も可)

・事前のご予約、お取り置き等は承っておりません。
またメールやお電話でのご注文も可能です(後述)。ギャラリー花影抄へ直接ご連絡ください。




「初日の20日(月)のみのルール」

・オープンは13時からです。準備の都合で中でお待ちいただくことはできません。

・スタッフが午前10時頃にギャラリーに着きます。(それ以前からの待機はご遠慮ください)
11時頃から、様子を見てお並び頂いている方に整理券をお渡しします。

・13時になりましたら順番にギャラリー内へご案内します。

・13時10分くらいから整理券の若い番号をお持ちの方からご注文を承ります。(整理券をお持ちでもこの時間までに会場にいらっしゃらない場合はオーダー順を飛ばす可能性があります)

・整理番号順にご注文をお受けいたします。
中にはお一人様につき1点ずつの作品カテゴリー(主に彩色された1点のみの作品)がございます。
初日のみ各作品の前にご予約券を用意いたしますのでそれぞれご希望の作品の券をお取りいただいてから受け付けにてオーダーを承ります。

・14時くらい、もしくは整理券を持った方のご注文を承り終えたところを目途に、購入数制限のかかっている作品についてもフリーといたします。
基本先着順(スタッフに声をかけていただいた順)としますが、
同じタイミングで希望者が複数いらした場合は整理券番号やお話合いなどを参考にしながら希望をお聞きします。


※限定版の根付ストラップについて、状況をみて個数制限をさせていただく場合がございます。詳しくは当日説明いたします。

※お待ちいただいている際のお客様同士の、順番等でのもめごとは決してなさらないようお願いします。
どのような理由であろうともこちらが気付き次第列の最後方へお並びいただきます。

※細かい出展作品についてのお問合せについてはギャラリーも把握していない点がありますので、当日までお答えできない場合がございます。




「メールとお電話でのご注文の際のルール」

初日3月20日のみメール、お電話でのご注文を承ることができません。
会期2日目以降の21日13時からお受けいたします。
(ご注文メールもお手数ですが21日の13時以降からお願いします)

それ以降は会期中、会期後もお問合せを承っております。

※根付ストラップについてはメール、お電話でのご購入はできません。直接ご来場くださいませ。




守亜・Gallery花影抄

お問い合わせ先、Gallery花影抄
03-3827-1323
netsukeya@hanakagesho.com
| とりとめなし | 23:10 | comments(0) | - | - | - |
新しい根付紐
今回のオンラインショップ更新から根付紐を新しくしました。



根付ストラップを飾っている、コレクションしている方もいらっしゃるので、そういう方にはわりあいどうでもいい話なのですが、この根付ストラップシリーズを作り始めて以来(今過去ログ見たら画像での初お目見えは2005年11月だったようです)、根付紐にはずいぶんと悩まされてきましたし、今現在もベストな形態のものは見つけられずにおります。
ですがこのたび、そこそこ対応できるかな?というものを見つけたのでモデルチェンジと相成りました。

今回の大きな改善点は耐久性です。
紐の接合部が前のものよりも強くなっております。根付本体と触れ合う細い部分の紐も強くなっている気がします。


それからデザインと機能も少し変わりました。

紐の片側をぐいっと引くと反対側の紐の長さが調整できます。


根付ストラップをぶら下げて使う際のオススメの手順としては、

1.輪が長い方の紐に根付ストラップを括りつける

2.根付が付いていない方の輪の片側を引っ張り、根付と組み紐のバランスを調整する

3.引っ張って長くなったもう一方の輪と携帯やバッグ等を括り付ける

という感じです。

自分でもモニターテストをして見つつ新しい根付紐を使ってみていますが、今のところは好い感じに使えております。



とはいえ、今までのものと比べると全体的な長さは短くなっているので、(大)サイズの物の中にはちょっと使いづらいサイズのものもあります。
この耐久性と機構のままオーダーメイドできたら良かったのですがそこまではできないようでしたので、引き続き気になる根付紐を見つけたら試して探していきたいと思っています。


さらに、根付ストラップではなく根付にも根付紐をつけてほしいというリクエストもいただいています。
こちらはぶら下げて使うことを想定していないデザインと大きさですので今までそのことはあまり考えずにいたのですが、ここ最近そういう声を主にイベントなどでいただくことも増えてきましたので、そのこともちょっと考えたいと思っています。
一番簡単なのは、絹のしっかりとした本組み紐のストラップをご用意することでしょうか。
こちらも早々に手に入れて自分で使って試してみたいと思います。
| とりとめなし | 19:35 | comments(0) | - | - | - |
このページの先頭へ