PROFILE
CATEGORIES
Twitter
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD]
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD] (JUGEMレビュー »)

抽選でアクアプラント謹製ワニガメ根付が当たります。
特製ブックレットが欲しい人はビバガで買うか、お近くの爬虫類ショップへ。
RECOMMEND
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン (JUGEMレビュー »)

アマゾンでオススメしておいてなんなんだけど、ビバガ経由で買うと特製ブックレットが付いてくるので、そっちのほうがお徳かと。
抽選で50名様にアクアプラント謹製アメリカドクトカゲ根付当たりますよん。
もちろんべのはんでしか手に入りません。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
守亜作品展「けもののけもけも」に際し
展覧会開催に際しまして、初日を混乱なく進めるため、以下のようなルールを設定いたしました。


お手数をおかけいたしますが、お目を通してご来場頂ければ幸いに存じます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

・直接ギャラリーにいらしていただいてのオーダーとなります。
彩色作品、根付作品の一部は作品展終了後にお渡しになります。(発送も可)

・事前のご予約、お取り置き等は承っておりません。
またメールやお電話でのご注文も可能です(後述)。ギャラリー花影抄へ直接ご連絡ください。




「初日の20日(月)のみのルール」

・オープンは13時からです。準備の都合で中でお待ちいただくことはできません。

・スタッフが午前10時頃にギャラリーに着きます。(それ以前からの待機はご遠慮ください)
11時頃から、様子を見てお並び頂いている方に整理券をお渡しします。

・13時になりましたら順番にギャラリー内へご案内します。

・13時10分くらいから整理券の若い番号をお持ちの方からご注文を承ります。(整理券をお持ちでもこの時間までに会場にいらっしゃらない場合はオーダー順を飛ばす可能性があります)

・整理番号順にご注文をお受けいたします。
中にはお一人様につき1点ずつの作品カテゴリー(主に彩色された1点のみの作品)がございます。
初日のみ各作品の前にご予約券を用意いたしますのでそれぞれご希望の作品の券をお取りいただいてから受け付けにてオーダーを承ります。

・14時くらい、もしくは整理券を持った方のご注文を承り終えたところを目途に、購入数制限のかかっている作品についてもフリーといたします。
基本先着順(スタッフに声をかけていただいた順)としますが、
同じタイミングで希望者が複数いらした場合は整理券番号やお話合いなどを参考にしながら希望をお聞きします。


※限定版の根付ストラップについて、状況をみて個数制限をさせていただく場合がございます。詳しくは当日説明いたします。

※お待ちいただいている際のお客様同士の、順番等でのもめごとは決してなさらないようお願いします。
どのような理由であろうともこちらが気付き次第列の最後方へお並びいただきます。

※細かい出展作品についてのお問合せについてはギャラリーも把握していない点がありますので、当日までお答えできない場合がございます。




「メールとお電話でのご注文の際のルール」

初日3月20日のみメール、お電話でのご注文を承ることができません。
会期2日目以降の21日13時からお受けいたします。
(ご注文メールもお手数ですが21日の13時以降からお願いします)

それ以降は会期中、会期後もお問合せを承っております。

※根付ストラップについてはメール、お電話でのご購入はできません。直接ご来場くださいませ。




守亜・Gallery花影抄

お問い合わせ先、Gallery花影抄
03-3827-1323
netsukeya@hanakagesho.com
| とりとめなし | 23:10 | comments(0) | - | - | - |
新しい根付紐
今回のオンラインショップ更新から根付紐を新しくしました。



根付ストラップを飾っている、コレクションしている方もいらっしゃるので、そういう方にはわりあいどうでもいい話なのですが、この根付ストラップシリーズを作り始めて以来(今過去ログ見たら画像での初お目見えは2005年11月だったようです)、根付紐にはずいぶんと悩まされてきましたし、今現在もベストな形態のものは見つけられずにおります。
ですがこのたび、そこそこ対応できるかな?というものを見つけたのでモデルチェンジと相成りました。

今回の大きな改善点は耐久性です。
紐の接合部が前のものよりも強くなっております。根付本体と触れ合う細い部分の紐も強くなっている気がします。


それからデザインと機能も少し変わりました。

紐の片側をぐいっと引くと反対側の紐の長さが調整できます。


根付ストラップをぶら下げて使う際のオススメの手順としては、

1.輪が長い方の紐に根付ストラップを括りつける

2.根付が付いていない方の輪の片側を引っ張り、根付と組み紐のバランスを調整する

3.引っ張って長くなったもう一方の輪と携帯やバッグ等を括り付ける

という感じです。

自分でもモニターテストをして見つつ新しい根付紐を使ってみていますが、今のところは好い感じに使えております。



とはいえ、今までのものと比べると全体的な長さは短くなっているので、(大)サイズの物の中にはちょっと使いづらいサイズのものもあります。
この耐久性と機構のままオーダーメイドできたら良かったのですがそこまではできないようでしたので、引き続き気になる根付紐を見つけたら試して探していきたいと思っています。


さらに、根付ストラップではなく根付にも根付紐をつけてほしいというリクエストもいただいています。
こちらはぶら下げて使うことを想定していないデザインと大きさですので今までそのことはあまり考えずにいたのですが、ここ最近そういう声を主にイベントなどでいただくことも増えてきましたので、そのこともちょっと考えたいと思っています。
一番簡単なのは、絹のしっかりとした本組み紐のストラップをご用意することでしょうか。
こちらも早々に手に入れて自分で使って試してみたいと思います。
| とりとめなし | 19:35 | comments(0) | - | - | - |
ブログを読んでいただいている方へ感謝を込めたりして(結果追記しました)
そういう思い付き企画を突発的に発動してみます。


本日中(1月10日23時59分まで)に、再販(再生産)してほしい根付ストラップを一つ選んで、ショップページのお問合せフォームからご連絡ください。

先着1名様のセレクトしたアイテムを再販いたします。(※)





と、いういつもこのブログを読んでいただいている方むけの突発企画です。
今日はこのエントリーをツイッターにはアップしませんので、ほんとに純粋にブログを見に来ていただいている方、もちろん偶然も含みますが、たまにはそういうのも面白いでしょう。

まあ裏話をすれば、年末年始の怪獣根付制作にかなり気合が入ってしまって自分のワンフェス用の原型がひとつ間に合わなかったということなのですが・・・(苦笑)
そんなわけでシリコン型にひとつ分空きが生じたのでした。

新年の寿ぎですので、採用者様にはこちらから再販された根付ストラップを贈呈いたします。
決定し次第こちらからメールにてご連絡しますので、発送先をお知らせください。(ですのでリクエスト時に住所等の個人情報を書いていただく必要はありません)

抽選ではなくあくまで先着ですが、最初に連絡いただいた方のアイテムがすんなり採用されるとも限らない状況なので、運試し的にご参加くださいませ。
よろしくお願いします。


※採用条件
・原型が破損のない状態で残っていること
・未塗装の素体の在庫が無いこと(未塗装の素体があれば遅かれ早かれ再販いたしますのでご安心を)
・アクアプラント以外で販売した限定アイテムは不可

という条件をクリアしたものを採用いたします。
最近塗装して仕上げている時間がなくて、オンラインショップに在庫のないものでも未塗装素体があったりするので結構難しいかもしれません。
今、手元で確認できるだけの情報をお知らせしておきますと、
ヒョウモン、ボール、ギリシャリク、ヘサキ、インプレッサ、ケヅメ(大)、オサガメ(大)、リュウキュウヤマガメ(大)クレス、ウーパー、フェネック、ハリネズミ、等々このあたりは在庫があるのでそのうち再販いたしますです。

原型が手元に残っているかどうかは、まあ難しいですよね。結構残っているものもあるし、ないものもあるし。

そいうわけで、そこそこ古いアイテムが狙い目なのかもしれません。
「そもそも再販って、過去に何を作っていたかわからない」って方も適当に言ってみたら適当にあたるかも・・・
もしくは、このへんとか、このへんを参考にしてくださいませ。
(いきなり出てくるスペングラー、レッドテグー、モエギはショップの限定版だったので不可ってところとかが、最近知っていただいた方への罠だったりするなあ・・・)



ま、運試しですよ。お気軽にどうぞ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

というわけで、ここから結果発表です。





リクエスト総数・・・ゼロ・・・


というわけで、再販アイテムもなしということで決定しました(泣)(笑)




そんなこともあるでしょうなあ。
ログを見ると受付時間中に100弱くらいのアクセスがあったのですが、結果は応募者なしでした。
まあ、いきなり言われても過去に作った中から選ばないといけないので何をリクエストしていいのやらということなのかな。古くからの方はだいたい欲しいものは持ってるからいらない、とか、ね。

とは言え、1スペース分がもったいないので僕がこっそり選んでこっそり再販するアイテムを選出しておきました。
販売方法もいろいろとこっそりやりましょう。
いつかどこかの、おそらくイベントなどで見かけることがあるかも。ないかも。


というわけで、今年もそんな調子でマイペースにどったんばったん行きます。
よろしうどうぞ。

| とりとめなし | 18:43 | comments(0) | - | - | - |
2016年越し
もう20年も続けてきた年越しカレーは今年は結局食べず、作らず、そんな2016年の年の暮れです。
そういうのもまあいいんじゃないかと。


画像は今年の花影抄での作品展のために制作し、販売許可を得たシン・ゴジラ根付彩色版。

おそらく今年はもうひとつのシン・ゴジラの制作を進めながらの年越しとなりそうです。


本年も大変お世話になりました。
おそらくはこのブログまでチェックしていただいている皆様方におかれましては大変に大変にお世話になったのだと思います。
来年も変わらず制作を進めてまいります。
よろしくお願いします。
| とりとめなし | 18:56 | comments(0) | - | - | - |
お久しぶりです
お久しぶりでございます。
マダガスカル展を無事に終えることができました。
マダガスカル展では参加作家を直接まとめる役、というかご存知の通りこの作品展自体が私の持ち込み企画でしたので、いつもの個展や参加作品展以上にいろいろと動き回ったりしましてなかなかハードに楽しめました。
これももはやご存知のことかと思いますが、マダガスカルをテーマにした作品展は私にとってのライフワーク的な活動ですので今後も何かの形で企画、開催していこうと思っております。
少しずつ少しずつ再起動していきます。この企画にご興味のあるギャラリー様、作家様におかれましてはいつでもご連絡ください。よろしくお願いします。

さて、というわけで、マダガスカル展終了からすでに1週間以上が経過しておりまして、このブログ、オンラインショップ、さらにはツイッター等SNSまでも休眠状態でいたのですが、これもまた少しずつ再開してまいります。

とは言え現在の状況はとお申しますと、9月の個展、マダガスカル展で集中して作品を制作していた反動というか、他の仕事が滞っておりましたのでその制作を日々こなしております。
いろいろとお知らせできることもありますし、来年の予定もほぼ埋まりつつあるのですが、あいにくもう師走です。ということで、来年の予定は年明け早々にお知らせしたいと思います。

現在は新作の怪獣根付の制作とワンフェス、また作品展に向けての原型制作に明け暮れつつ、細々といろいろなお仕事を進行させています。絵の仕事も数件、突発的に見せかけたイベントの下準備も数件、来年の作品展に向けての打合せも数件、そんな感じです。

今年は個展に加えて作品展への参加が増え、イベントへの参加は極端に減った年でしたがとりあえず来年もスタンスはあまり変わらず作品制作と作品展を中心に据えてしばらくはやっていくつもりです。
そういえばこの秋はいつも出ているイベント(ぶりくら、とんぶり)にも参加できず少々残念でした。
来年は参加したいなあと思っております。
と、言っているそばから年明け早々に開催される冬レプ(静岡)は不参加になりました。私の場合年末年始にかけてその年の前半のイベント用に根付ストラップの原型を制作しているのですが、今回はイベントのタイミングがちょっと早すぎてほとんどなにも用意できないと判断し、参加を見送った次第です。

まあ、マイペースにやっていきましょう。



それから、オンラインショップの再開について。
いつでも再開できる状態ではあるのですが、再開にあたって特別新作や新企画があるわけではないのでなんとなくぐずぐずとしております。
さあ、どうしたものでしょうか。
どうしようかなあ。


そんなわけで、この1週間は久しぶりにいろいろなことをシャットアウトして制作に明け暮れておりました。
このままオンライン上では冬眠を装いつつ制作に集中するのもいいかな、と思っています。
| とりとめなし | 23:50 | comments(5) | - | - | - |
マダガスカル展へ根付ストラップ追加
本日、マダガスカル展に根付ストラップを追加しました。

コクレルシファカ
クロカンムリシファカ
フォッサ
カルカヤインコ雌雄
グランディスヒルヤモリ


フォッサ、カルカヤインコ、ヒルヤモリは3年前のお庫出し品、このマダガスカル展で終売となります。


また、他の作家さんもこのタイミングで新作の追加があるようです。





マダガスカル展〜Comme le Madagascar〜
2016年11月4日(金)〜28日(月)
月〜金/13:00〜20:00 土日祝/12:00〜19:00

入場料:500円(開催中の展覧会共通)

会場:parabolica-bis [パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11(浅草橋駅JR東口・徒歩6分)
TEL:03-5835-1180
| とりとめなし | 14:20 | comments(0) | - | - | - |
マダガスカル展〜Comme le Madagascar〜はじまりました
マダガスカル展無事に始まり、最初の3日間の在廊を終えて帰ってきました。
今週末の土日はイベントもあって最後まで飽きさせない作品展にしたいと思っています。
平日は基本的に作家がおらず、パラボリカ・ビス2階の受付にて入場やお会計のご案内をしております。

僕はたまにふらっと会場にいることもあるかもしれません。
ひきつづきよろしくお願いします。

すでに用意した根付ストラップは少なくなってきていて追加分を用意しようと思っています。
とはいえ、会期後半20日くらいに他の作品と共にまとめて追加を考えております。
準備が整ったらこちらでお知らせいたします。


また今回は新作に加えて、春に原型を制作したパンサーカメレオンの地域カラーバリエーションを連作で仕上げました。
そのなかでもコレ、

僕がマダガスカルに行った際アンジアマンギラーナで見つけたパンサーをモチーフにしたものが我ながらのお気に入りです。渋いけど派手、目の周りだけがオレンジに染まった白黒のパンサー。これが終わって(もし売れなければ、ですが)部屋に飾っておこうかな、と思っています。



マダガスカル展〜Comme le Madagascar〜
2016年11月4日(金)〜28日(月)
月〜金/13:00〜20:00 土日祝/12:00〜19:00

入場料:500円(開催中の展覧会共通)

会場:parabolica-bis [パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11(浅草橋駅JR東口・徒歩6分)
TEL:03-5835-1180
| とりとめなし | 19:05 | comments(0) | - | - | - |
マダガスカル展〜Comme le Madagascar〜
フェイスブックのページができました。
今後はこちらで各作家の紹介や作品の紹介、イベントの告知などをお知らせしていきます。

ツイッターでも情報発信と事前企画「シファカの旅」を公開しています。


それぞれ表現方法や素材の異なる9人の作家がマダガスカルの動物たちをテーマに不思議な森を作り出します。

2016年11月4日(金)〜28日(月)
月〜金/13:00〜20:00 土日祝/12:00〜19:00
入場料:500円(開催中の展覧会共通)
会場:parabolica-bis [パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11(浅草橋駅JR東口・徒歩6分)
TEL:03-5835-1180

あまのじゃくとへそまがり(レザークラフト)
kengtaro(グラスワーク)
TORIMERO(羊毛)
ナカヤ トモユキ(絵画)
本多絵美子(木彫)
守亜(造形)
谷中のZOO(テディベア)
ヤマモト生物模型(造形)
横山隼(シルバーワーク)
| とりとめなし | 13:03 | comments(0) | - | - | - |
いろいろおといあわせ
個人的にモチベーションや気分の面で特に変わってはいないのだけれど、今年に入ってからいろいろなところで新たな作品展に参加したり、古代魚シリーズが発売になったり、シン・ゴジラのお陰様で怪獣根付シリーズを知ってもらえる機会が増えたり、よくよく振り返ってみるとそういえばと思い当たる節はあります。
今年の夏の初めころから急にいろいろなお問合せや要望の連絡が増えました。

今日の天気はなんとなく不安定で雰囲気としては夏の終わりのような感じ。制作の手をすこし休めてこの夏に頂いたお問合せについてすこしだけ書いてみます。


「根付ストラップの再販について」
未定、気分次第としか言えないのがどうにも申し訳ない。
説明してもイメージが湧きづらいのでここ最近はもう「全部まとめて未定」ということでお答えしてきましたし、今後もそのようにお答えしていきたいと思います。
さしあたって未塗装の素体があるものに関しては再販いたします。
ちょっと前にそのあたりについて書いたものがのこっておりますので、ご覧になりたいかたはこのリンク先の後半のトピックを参照していただけたらと思います。

新作、再販のタイミングについてのお知らせはこのブログに加えて、オンラインショップのメルマガでもお知らせしておりますので、お知らせが欲しいという方はそちらをご利用ください。1年に5回前後くらいのペースでしかお送りしておりませんのでメールボックスが小うるさくなることはありません。



「限定版について」
この仕事を始めた当初からイベント、作品展を大事にしてきました。わざわざ来ていただくことのありがたさについても僕が大事にしていることのひとつですので、限定版については今後もいろいろと作っていきます。
また最近は動物園関係や動物の研究施設・団体向けの特別な限定根付ストラップを作る機会が増えました。うちのアイテムが記念品的な使われ方をすること、さらに限定版がきっかけで知っていただいたり、足を運んでいただいたりすることもあるということはとても嬉しいです。是非タイミングが合ったらお出かけください。


「作品展について」
作品展をとても大事にしています。特にここ数年は作品とそれを使った空間作りという面白さにすっかりはまっております。ですので、作品を買う買わないという意識はほとんどお持ちにならずに来ていただけると嬉しいです。
それでもここ数年の初日は買いたいというモチベーションでいらしていただく方が多くいらっしゃいますので、空間を楽しみたいという方は初日を外していただいたほうがゆっくりとご覧になれますし、僕もゆっくりとお話しできると思います。


「作品展でのメール、お電話での販売、事前のご予約について」
まずどんな場合でも事前の予約については承っておりません。
作品展の初日、オープンと同時に入場したものの、欲しかった作品があらかた売約済だったら…僕だったらとてもがっかりしてしまうと思うからです。
これについてはいろいろなご要望も言われますし、いろいろなやり方があると思いますが、僕の気持ちを大事にしたいと思っております。ご了承ください。

今後いろいろな場所で作品展をやっていこうと思っております。ご来場しない場合の作品の購入についてはその開催場所のルールによりますので毎回状況は変わると思います。
今のところ年1で個展の機会をもらっているギャラリー花影抄さんについてはメール、お電話での受付をしております。行けないけど欲しいという方はお問合せくださいませ。
ただ、作品展の初日だけはお電話、メールでの受け付けを行っておりません。ここ数年の作品展初日の状況からするとそこまでの応対が不可能だからというのが主な理由です。
このへんについてもいろいろなやり方があっていくつものアイディアが浮かびますが、どうにも僕にとっては「わざわざ来てくれる人が優先される」ということが気持ちいいのだと思います。


「モチーフについて」
極々初期、10年以上前からのお付き合いの方にはいまだに「もう熱帯魚つくらないの?」と言われることがあります。
両棲爬虫類をお求めの方からは「最近、爬虫類減ったね」と言われます。
「最近ロリスはもう作らないの?」ともたまに言われます。
かわいいペット系動物(おそらく哺乳類)の種類をもっと増やしてほしいとも言われますし、今まであまり手を出していない分野(鳥が多い気がする)についても言われることがあります。あまりアレンジしていない幻獣を!と強く言われたこともありました。他にもイベントや作品展、たまにメールででもそういった要望をいただきます。種類もざくっり魚とか、亀とかジャンルで言われることもありますし、○○○を!と個別の種類で言われることもあります。

まとめると、とりあえず何を作ってもいいんだなあと思っています。いろんなことを言われますので結局はいろんなことをすればいいなあと、ここ最近はそんな考えにすとんと落ち付いて、あまりプレッシャーにならなくなりました。逆に言えば作らないと決めた動物はいませんので、それは作りませんというふうにも言っていません。これからも僕の気の赴くままにやっていけたらと思っております。
とは言え、今までほとんど「キツネザルを!」と言われたことはありませんねえ・・・(苦笑) 言われなくても、望まれなくても作るものってのはもうどうしようもありません。作りますよ。
| とりとめなし | 19:22 | comments(0) | - | - | - |
ワンフェス終了そして(追記した

というわけで初めての“間借り”状態でのワンフェスを無事に終えることができました。もちろんガイドブックには「アクアプラント」の名前はない訳で少々不安もあったのですがまったくの杞憂に終わり、アクアプラント(借)めがけて来ていただいた方も多くいらっしゃってありがたい限りでした。そんなわけで用意した限定アイテムも早々にほとんど完売してしまって、反応を得られたことにほっとした半面、あとからいらした方にたくさん聞かれましたので少々申し訳なく思ったりもしました。でも、調べて来ていただいたことからくる結果ですのでやっぱりありがたい限りなのです。
今回反応があった一部のモチーフはきちんと製品版の制作にとりかかります。なんとなくヤマネコが人気なのかな?と思っていたのですが、私の予想に反して一番人気はオランウータンでした。




さて、次回イベントは2週間後のジャパンレプタイルズショーです。いつもと同じくガラス作家のケンタローさんと出展します。
ワンフェスにも新作が無かったということは同じタイミングの夏レプにも新作がないということで、、、やはり限定アイテムを用意したほうが、、、、いいのでしょうか、、、?
この2週間は夏レプを同じタイミングで開催される幻獣神話展の準備で久しぶりに睡眠時間を削らないといけないのかなあという状況だったりしますので、どこまで特別なものが用意できるかわからないですが、まあ、やってみましょうか。
リクエストなんかがあったら何らかの形で、(まあツイッターがスマートか。このブログまだコメント欄が生きているのでそこでもいいですし)連絡していただいたら優先的に準備していきますよう。と、果たしてどこまでやれるかわからないのですが、やってみましょう。

と、言ってる間に今エンドレスゾーンさんから電話が来て「いつものトライバル特装版、作れる?」と。はいはいやりましょう。これもいくつ数ができるか分からないですがやりましょう。なんならこれもリクエストとか受け付けちゃいましょうか?模様は僕が気分次第で描くので受付られませんが、「この素体に描いて!」というものがあれば、それに描きましょう。無い素体には描けませんのであくまでリクエスト通りの未塗装の素体が有ったらという条件にはなりますがね。やりましょう。

※画像は前回のものです


ああ、そうそう、今週末ですね、勘のいい方はすぐにピンとくると思いますが、どこかのイベントの誰かのブースにこれもやっぱりこのタイミングでしか買えない超限定アイテムが登場しますので、よろしくどうぞ!直前になったら画像付きでお知らせいたしますので、少々お待ちを。
去年に引き続いての登場。原型は同じですが新色です。去年もあっという間に完売したらしいので、身構えて並んでください(と、人のイベントを煽ることのなんて気軽さよ(笑))

※これも前回の画像です



そして意外なことにこの夏レプがアクアプラントしてはの今年の最後のイベントです。今年後半は作品展と学会出展が続きます。
そう、とんぶり、ぶりくら、九レプオータム、は作品展と学会で出られないのよ・・・





と、話が反れに反れました。ワンフェスレポートでした。
とはいえ、実質ほぼ一人でのお店番(母屋のRC GEARさんもかなりお忙しいブースなので)でしたので、ほとんど外出もせずに、いつもワンフェスを手伝ってくれる友人のお遣いにもなかなか行けず、普段とはまた違った雰囲気のワンフェスを楽しめました。

そして帰りはもう定番のここ

ワンフェスの帰りにもう結構行っていますが、初めてのトムヤムラーメン。美味い。
ソムタムはここのを食べると他のところのものが味気ないものになります。(でも他のところでも食べるけど)


さあて、次回のワンフェスは、無事に受かるのかな・・・





〜追記〜
嘘だった。全くの嘘だった。
今年最後のイベントは夏レプじゃありませんでした。
10月に立て続けに2つ、マダガスカル展のプロモーション用に普段出たことないイベントに出ます。
アクアプラントでも守亜名義でもないからまあ、嘘はついてない、のかも。
ビックサイトのイベントなんて何年振りだろうか・・・
| とりとめなし | 17:34 | comments(0) | - | - | - |
このページの先頭へ