PROFILE
CATEGORIES
Twitter
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD]
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD] (JUGEMレビュー »)

抽選でアクアプラント謹製ワニガメ根付が当たります。
特製ブックレットが欲しい人はビバガで買うか、お近くの爬虫類ショップへ。
RECOMMEND
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン (JUGEMレビュー »)

アマゾンでオススメしておいてなんなんだけど、ビバガ経由で買うと特製ブックレットが付いてくるので、そっちのほうがお徳かと。
抽選で50名様にアクアプラント謹製アメリカドクトカゲ根付当たりますよん。
もちろんべのはんでしか手に入りません。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
彫刻アニマルパーク出展内容
彫刻アニマルパーク
4月19日(水)〜5月2日(火)
日本橋三越 本館6階アートスクエア

ワニガメスタチュー



ワニガメ根付



ニホンイシガメスタチュー



ニホンイシガメ根付(シルバー)



ヘサキリクガメスタチュー




私の展示箇所は広い展示会場の中に突如としてリアルなカメが集まったスペースになっております。
妙に“生”っぽい感じがまた絶妙かな、と。
お電話でも買えるそうですので遠方の方はご利用くださいませ。直接日本橋三越のほうへお問合せください
また、会期後の作品についてのお問合せはギャラリー花影抄のほうへお願いいたします。
| 作品展情報 | 15:17 | comments(0) | - | - | - |
作品展を無事に終え
というわけで今年の花影抄での作品展を無事に終えることができました。
ありがとうございます。


今回はけものをテーマに根付作品を展開しましたが、新たな試みをためしたりもして達成感と共に次への課題も見えてきた濃密な1週間でした。
私の場合、個展の際は全日在廊するというのが基本のスタイルなのですが、ある種達成感を伴った充実感とそれに寄り添うように「早く次の制作に取り掛かりたい!」というような気持ちがうずうずと湧いてきて様々な気持ちでギャラリーで過ごす楽しい1週間です。


今年は異素材の作品にも挑戦しました。
こちらも次への構想が会期中に見えたような気がしています。



メインの作品とはすこし違いますが、根付ストラップをずらりと並べて見ていただくのも私にとっては楽しい演出です。
今回はハシビロコウの根付ストラップをお披露目。

今後は5月と10月のイベントにてお目見えいたします。
ツイッター等をご覧いただいている方におかれましては丸まった(小)サイズのものも見つけていただいたと思いますがそちらは10月のイベントでの限定となる予定です。おそらくは去年と同じ10月下旬で同じ場所での開催になると思います。


メインの作品についてはのちほどご紹介いたします。
今回の新作のうちオオカミ根付はエディション20が会期中に完売いたしました。
その他の根付作品については引き続きギャラリー花影抄での取り扱いとなります。






さてそして、休む間もなく4月に作品展が控えております。
すでに今日から新作を準備するべく制作に入っています。
こちらの新作根付も4がつの作品展にて販売開始いたします。
| 作品展情報 | 01:58 | comments(0) | - | - | - |
守亜作品展2017「けもののけもけも」出展作品一覧
2017年3月20日(月)〜26日(日)※23日(木)休廊
13:00〜19:00(最終日〜18:00)
Gallery花影抄(東京・根津)
※守亜は毎日在廊予定です。

スタチュー
於保加美の社
九尾の社
ガナパティ・彩
九尾・彩
於保加美〜おおかみ〜・彩
獅子・彩
狛犬・彩
獅子2014・彩
メソポタミアの獅子・彩
ワニガメ・彩
白兎
黒兎



根付
於保加美〜おおかみ〜根付
獅子根付
狛犬根付
ガナパティ根付
日本石亀根付

※2014、2015、2016年制作の根付もご用意します。



怪獣根付
新作、キンゴジ、シン・ゴジラ覚醒、第2形態に加え、東宝、ウルトラ、大映シリーズから現在販売中のものをご用意します。



丸根付
オオアタマガメ根付
ワニガメ根付
カミツキガメ根付
ツギオミカドヤモリ根付
ニホンヒキガエル根付



根付ストラップシリーズ限定版
チンパンジー
オランウータン
ワオキツネザル
ヤマネコ
フェネック
ハシビロコウ
セマルハコガメ



画像はツイッター、インスタ等を参照してください。2014、2015、2016制作の根付はこちらでご覧ください
| 作品展情報 | 19:29 | comments(0) | - | - | - |
守亜作品展2017「けもののけもけも」
2017年3月20日(月)〜26日(日)※23日(木)休廊
13:00〜19:00(最終日〜18:00)
Gallery花影抄(東京・根津)
※守亜は毎日在廊予定です。


今回のテーマは「けもの」。いわゆる「毛の物」と解釈して哺乳類型の幻想生物を根付の意匠で制作しております。



根付新作ラインナップ

於保加美〜おおかみ〜

今回のメインビジュアルとなった作品です。


獅子、狛犬
それぞれ単独の作品ですが、2体で阿形、吽形を成します。
獅子は2014年に一度つくりましたが、今回はさらにモチーフであるライオンを意識して制作しました。たてがみについては新たな表現方法を模索しています。
狛犬は、犬という名が与えられているその通りにイヌを意識して制作しました。角があり、座っている定番の狛犬表現を踏襲しつつ、オリジナルの解釈や表現を盛り込んでいます。


ガナパティ
ガネーシャ、歓喜天とも呼ばれる象頭のインドの神様です。
今までもガルーダやナーガなどヒンドゥーの神様(幻想生物)を作ってきましたが表現方法は東南アジアスタイルのものでした。今回は初めて正統派ヒンドゥスターン表現でガナパティ神に挑みました。通常は4本腕で表現されることの多いガナパティ神をさてどのように解釈したのか、デザインコンセプトや細部に至るまで面白いものができたと思っています。


日本石亀
これだけは正統派表現を目指しました。
どのような形に仕上がるのか、僕自身もとても楽しみです。




根付・彩
今までの根付作品から何点か選んで彩色版を制作します。
九尾のリクエストが多いので今年も制作する予定ですが、エディションの都合上今回で最後になりそうです。


今まで制作した根付も展示いたします。
昨年製作の龍はのこりわずかです。



けものがテーマということでこのあたりのものも少しだけ準備を進めています。
IMG_4775.JPG




それからおなじみ怪獣根付
新作3種もお手に取ってご覧になれます。
キャラアニの本サイトでは予約完売してしまったシン・ゴジラ覚醒バージョンもほんの少しだけ販売分を確保いたしました。






根付ストラップも新作と限定版を用意します。
新作はハシビロコウ(の予定)とこの冬の新作群(シャチ、マレーグマ等)もなるべく多く準備していくつもりです。
限定版は昨年同様フェネック、オランウータン、チンパンジー、セマルハコガメ等を作っていきます。

おそらく直前になりますが、作品リストも後程このブログにて更新いたします。


また、今回も昨年までと同じような初日開始時のお願いをいたします。
後程このブログと花影抄のブログにてお知らせいたします。(昨年のルールと大きな変更はない予定です)
よろしくお願いします。
| 作品展情報 | 19:04 | comments(0) | - | - | - |
作品展2016
さて、今月20日からの作品展に備えまして、昨年制作した根付たちをギャラリーページにアップしました。





エディションが残っている物は今回の作品展にも展示いたします。
お問合せはギャラリー花影抄のほうへどうぞ。

たしか根付はかなり残りが少ないように記憶しております。
昨年のものは作品展前も販売可能ですので気になっていた方は作品展前にお問合せいただいた方がよいかもしれません。



今回の作品展では2014〜2016年に制作した根付の彩色版もいくつか用意できればと思っています。
テーマがけもの(哺乳類)ですので、そのあたりを意識しつつ・・・
さて、何を作りましょうかね。


| 作品展情報 | 18:39 | comments(0) | - | - | - |
今後の予定、作品展&オンラインショップ
守亜作品展「けもののけもけも」
3月20日(月・祝)〜26日(日)※23日(木)休廊
ギャラリー花影抄(東京・根津)


というのが、今年の春からの活動初めとなります。
タイトルの通りけもの(哺乳類)の幻想生物をテーマに根付とスタチューの新作を中心に展開します。
詳しくはまたのちほど・・・


アニマルパーク展
4月19日(水)〜25日(火)
日本橋三越
こちらは動物モチーフの作品を制作する作家陣によるグループ展です。
守亜はカメをテーマに出展します。


守亜作品展「私的熱帯世界」
8月9日(水)〜15(火)
日本橋三越
久しぶりに都内でネイチャー系の作品をメインに個展を開催します。
テーマは「日本、アジア、そしてアフリカ、マダガスカルへ」と動物を巡りながら世界を半周しようという試みです。
久しぶりに大作のスタチューを制作しています。根付も日本、アジア、アフリカの動物たちを1点ずつ制作していこうと思っています。
まだまだ半年後の予定ですが、気を抜くとすぐにやってきますのですでにいくつかは制作を始めています。

さらに8月は、おそらくこの作品展と同時期、同じエリアでもう一つ二つ作品展に参加を予定しております。
こちらはもう少し近づいてきたら情報をお知らせできると思います。
こちらは幻獣系のスタチューと根付を1点ずつ制作します。(と書くと、勘の良い方は「去年も参加したアレかな?」と気が付くかもしれません)



それから春〜夏のイベントはまあまあいつも通り。
5月:デザフェス(これだけイレギュラー)(内容もイレギュラー)
6月:九レプ
7月:ワンフェス
8月:夏レプ


という感じ。
こちらものちほど決定してお知らせしますが、Tシャツについては今後規模縮小よ予定しています。
主な理由としてはプリント屋さんの事実上の値上げにともなうあれこれ。という感じ。
今後は予約販売をメインに展開していきたいと思っています。



さて、一部の方が気になっているオンラインショップの更新についてお知らせします。
目標は2月中・・・です。

エンドレスゾーン、iZoo、パラボリカ・ビス、WING21、アートスプーンにも今月中の根付ストラップの納品を目指します。








| 作品展情報 | 19:17 | comments(0) | - | - | - |
fwf at アートスープ
fwf at アートスープ

2017年
2月11日(土)11時〜17時 (作家はいなくなりますがギャラリーは19時までオープンしています)
  12日(日)11時〜19時

ギャラリーアートスープ(群馬・前橋)


守亜、kengtaro、ヤマモト生物模型によるワンフェス1週間前のフライングイベントです。



守亜
新作の根付ストラップ、キット版の根付ストラップの塗装見本完成品を販売。それから2016年に制作した作品の中から厳選して持っていきます。


kengtaro
新作のペンダントトップなどを中心に持っていきます。


ヤマモト生物模型
2016年に制作したワオキツネザルの親子を展示販売いたします。







お電話、メールでのお問い合わせは12日(日)のみ、ギャラリーの営業時間内とさせていただきます。
ギャラリーアートスープまでお問合せください。
※守亜の根付ストラップは直接ご来場いただいての購入のみとさせていただきます。
| 作品展情報 | 19:48 | comments(0) | - | - | - |
マダガスカル展−守亜作品一覧
2016年11月4日(金)〜28日(月)
月〜金/13:00〜20:00 土日祝/12:00〜19:00

入場料:500円(開催中の展覧会共通)

会場:parabolica-bis [パラボリカ・ビス]
東京都台東区柳橋2-18-11(浅草橋駅JR東口・徒歩6分)
TEL:03-5835-1180


守亜作品については、基本的に先着順で販売いたします。
メール、お電話での対応も可能ということですが、ほぼ同じタイミングであればその場にいらっしゃる方を優先いたします。


スタチュー
パンサーカメレオン“アンバンジャ”
パンサーカメレオン“アンジアマンギラーナ”
パンサーカメレオン“ヌシ・ベ”
アイアイ(ラミーの実付き、限定1体)
アイアイ
ヘサキリクガメ
ミニマヒメカメレオン
ナイルワニ・彩


根付
ナイルワニ


根付ストラップ
コクレルシファカ
クロカンムリシファカ
アイアイ
フォッサ
パーソンカメレオン

守亜のマダガスカルお土産シリーズいろいろ



| 作品展情報 | 00:06 | comments(2) | - | - | - |
レムール本再び
マダガスカル展に向けてレムール達への雑感をまとめた小冊子を製作しています。

今回はメインのイラストをヤマモト生物模型さんにお願いしてみました。

お願いするきっかけとなったのは「世界の恐竜MAP 驚異の古生物をさがせ!」に関わっていたのを知ったからで、こういう生きものの特徴をしっかりと押さえつつ、力の抜け具合がちょうどいい(完全に褒め言葉です)イラストを描ける方を探していたのでした。
(世界の恐竜MAPもおすすめ記事を書こうと思ってすっかり忘れていた本のひとつです。こういう本を待っていました!イラスト、手法、見せ方、生きもののチョイスにいたるまで全てオススメです)

それこそ僕を含めもっとケレン味とキャラクター色の強いイラストを描かれる方はたくさんいらっしゃいますし、微細なタッチで細かく博物画を描いていく方もいらっしゃいますが、僕にとって必要なのはその中間地点に位置するイラストレーターさんなのです。
リアルに描く(作る)というのはある種の重力を持っていてやればやるほどリアル志向の重力にとらわれます。また逆に自分のオリジナルのキャラクターを突き詰めていけばリアルさを離れケレン味などの演出的手法へ、やはりその重力場へとらわれがち(あくまでも、がち、)になるものです。
リアルさと、それを損なわない少しの演出。どちらの重力も意識しつつ、だがとらわれない、ヤマモトさんというイラストレーターはそういう特異な資質を持っている方だと思います。


というわけで、イラストをいただいてからちょっとこの場だけで使うのはもったいないと思っています。
というか、もっと描いてほしいと思っておりましていずれキツネザルの本完全版、もしくはマダガスカルの生きもの本を作りたいと思っておりますので、今回はその前哨戦という位置づけでさらりとイラストと私による解説(というか雑感)からなるパンフレット的なものになりそうです。

β版故に少部数のみの生産となる予定ですので、入手はお早めにどうぞ。

初売りは「コミティア118」
出展名「コム・マダガスカル」Q55a
ブースにて。

その後、アクアプラントのオンラインショップにて販売いたします。
(11月半ばまでお休みの予定でしたが、そういえばこの本の販売予定があったので、10月後半に1週間くらいオープンします。)


位置づけとしては、マダガスカル展への予習的な内容となりますので、是非読んでから展示をご覧いただけたらと思っております。

今日現在、鋭意制作中!です。
| 作品展情報 | 23:43 | comments(0) | - | - | - |
2016年の予定
この3年間は9月に花影抄での個展をやっていたこともあってこれが終わると秋、で少し気が抜けて、そしてそろそろ今年も終わり、今年の締めくくりの製作の時期に入ります(12月は毎年冬のワンフェスに向けて根付ストラップの原型を製作する時期なのです)
が、今年はその感覚にひとつも当てはまらずにもうひとヤマあります。というかいろいろあります。10月11月はちょっとありすぎです。さて困りました。

というわけで、自分の備忘録も兼ねて今年の残りの作品展、イベント事をお知らせいたします。


順番が前後しますが、とにかくあと1か月はこの作品展のために勢力を注ぎきる所存。

マダガスカル展〜Comme le Madagascar〜



表現方法の異なる9人の作家がマダガスカルの生きものをモチーフに展開する作品展です。
さらに特別企画として、作品以外の展示、販売、また期間中のイベントを予定しております。
こちらのサイトにて引き続き情報を発信していきます(まだ未改装です)



コミティア118
2016年10月23日(日)11:00〜16:00
東京ビッグサイト東1・2・3ホール
出展名「コム・マダガスカル」Q55a

マダガスカル展のためのプロモーションとして参加します。
といっても出るのは私ですのでアクアプラント+αスタイルで、いつもの根付ストラップに加えて、マダガスカルのキツネザルについての本(マダガスカル展のための副読本)を先行販売いたします。
また、このコミティア限定のカメレオンとキツネザルの根付ストラップもご用意いたします。



ヤマネコ祭2016
2016年10月29日(土)30日(日)10:00〜16:30
井の頭自然文化園 動物園(本園)芝生広場

こちらもアクアプラント名義での出展ではありません。詳しくは直前にお知らせいたします。

こちらでも根付ストラップがメインの出展物です。


ヤマネコ祭ですので、ヤマネコを2種(カラーバリエーションも用意します)。また、井の頭の動物園で人気のフェネックをこのイベントの為に作り下ろしました。(他のイベントでの販売はありません)
さらに、ニホンイシガメ、ライチョウ等限定アイテムを多数用意いたします。是非会場へ足をお運びください。
※売り上げの利益分はヤマネコ、ライチョウなどの保全のための研究費として寄付されます。どうぞよろしくお願いします。



東急ハンズ名古屋店内イベント(名称未定)
2016年11月3日(木)13日(日)
東急ハンズ名古屋店10階(予定)

現在、根付ストラップをセレクトで扱ってもらっていますが、リニューアルに伴って自然史系イベントが開催されるとのことです。
いつもの根付ストラップも種類を増強し、根付、スタチュー等も加えて展示販売いたします。よろしくお願いします。




日本爬虫両棲類学会第55回沖縄大会
こちらは例年通りの参加で今年は沖縄です。
沖縄にちなんだ根付ストラップを用意して持っていきます。



と、列挙してみたら今年はまだまだいろいろあります。
さらに最近頂いている原型仕事のアレとアレの次シリーズも水面下で動き始めております。
あっちの方はもしかすると、アレ、アレでですよ、アレ。
そしてあっちの方も、「うわ、コレがフィギュア化するの初めてじゃない!?」というようなアレを製作することになりそうです。
なんのことやらですね、続報をお待ちください。
| 作品展情報 | 22:47 | comments(0) | - | - | - |
このページの先頭へ