PROFILE
CATEGORIES
Twitter
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
RECOMMEND
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD]
アグリー・アニマルズ with ナイジェル・マーヴェン [DVD] (JUGEMレビュー »)

抽選でアクアプラント謹製ワニガメ根付が当たります。
特製ブックレットが欲しい人はビバガで買うか、お近くの爬虫類ショップへ。
RECOMMEND
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン
ヴェノム・ハンター with ナイジェル・マーヴェン (JUGEMレビュー »)

アマゾンでオススメしておいてなんなんだけど、ビバガ経由で買うと特製ブックレットが付いてくるので、そっちのほうがお徳かと。
抽選で50名様にアクアプラント謹製アメリカドクトカゲ根付当たりますよん。
もちろんべのはんでしか手に入りません。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
LINKS
ジャパンレプタイルズショー2018冬
IMG_1959.JPG
というわけで今週末は静岡のツインメッセにて冬レプです。
アクアプラントもブース出展しております。

出物はといいますと、時期的にお正月に制作していた新作は間に合いませんので、うちにあるもののなかからスペシャルなアイテムを用意しました。
(新作の初売りはワンフェスにて。よろしくお願いします。)

まずは、根付ストラップ(小)サイズのハシビロコウ。アクアプラントでの販売は今回が初めてです。静岡から帰り次第オンラインショップにもアップする予定です。

それから、ヒョウモン、ボール、ツリーモニターのスペシャル塗装版も制作しました。
モルフによっては一点モノもありますので、気になる方は早めのご来場がおすすめです。

とはいえ、冬の静岡は少しのんびりムード。
僕もブースでぼんやりとしておりますので冬レプにいらした折には是非是非アクアプラントへお立ち寄り下さいませ。
| ケイタイより | 13:28 | comments(0) | - | - | - |
ウルトラ怪獣根付“凝” バルタン星人 ピグモン
今年初めのお知らせは怪獣根付から、ということになりました。
年末に作っていたものがこちら。そして目下のところさらなる怪獣根付も制作中です。
自分のところのアイテムもこつこつ進めております。ワンフェスで、初お目見えできる、はず・・・


バルタン星人

お久しぶりのウルトラ怪獣根付、そしてとうとうバルタンの登場と相成りました。
“凝”(ミニサイズ)シリーズの怪獣根付は根付本来の使い方を想定していませんので腕と頭部によって形成される隙間に紐を通すことでストラップチャームの役割として使用いただけます。なかなか可愛らしくぶら下がるので是非是非お手元の携帯やキーホルダーなどにぶら下げてみてください。
ミニラに引き続いてのコメントになりますが、よもや仕事としてこいつを作ることになろうとは、なんだか不思議な感覚でおります。造形としては王道で大きなアレンジをせずに制作していますが、バランスだったり細部だったりに細かな解釈を加えてあります。


ピグモン

さて、ウルトラ怪獣根付素リーズの初段としてガラモンを作ったわけなのですが、このたびピグモンの制作も仰せつかりまして、こんな感じの仕上がりとなりました。
ガラモンに比べて若干縦に長い印象のピグモンをやはり少しのアレンジを加えて胴長短足気味に可愛らしくまとめてみました。とはいえまったく可愛くするわけにもいきませんので、ある種のリアル感を残しつついいところに落とし込めたと思っています。


さて、久しぶりのウルトラシリーズでした。リクエストいただいた方、続編を待っていただいた方、おまたせいたしました。僕が決めているわけではないのでおそらくですが、ウルトラシリーズもまだまだ続きそうです。
今年も怪獣根付シリーズをよろしくお願いします。



※怪獣根付シリーズは当オンラインショップ、またイベント出展で扱うことはありません。
東京都内でしたら大きなホビーショップ、ゴジラストア東京にて一部アイテムの取り扱いがあります。
発売元であるキャラアニのオンラインショップにて購入するのが確実です。
| 怪獣根付 | 16:42 | comments(0) | - | - | - |
2018
というわけでつつがなく新年を迎え、こちらをご覧の皆様におかれましては相も変わらずのご贔屓誠にありがとうございます。
どうにも最近このブログの更新頻度が鈍ってきているのが心持ち気になっているワタクシでありますが、その分だけ忙しくしております。おそらく今年も基本的には大事なお知らせを中心とした更新になってしまい、雑記雑感の類はやはり少なくなってしまうと思います。その分だけ、制作過程や作品展、イベントの情報、また引き続いての怪獣根付の情報は細かくお知らせしていきたいと思いますので、どうぞ本年もよろしくお願いします。




このブログでは全く触れていないのですが、というかここ以外でのSNSでもほとんど触れていないのですが昨年は公私、とりわけ“私”の部分で悲喜織り交ぜていろいろあった年でした。引き続いて今年も私事でバタバタと動き回る年になりそうで、気を引き締めて仕事をしていかないと“私”に引っ張られてしまいそうです。

どうにも情けない話ですが、昨年春の花影抄での作品展、夏の日本橋三越での作品展で、私のやりたいことがすこしだけひと段落してしまったこともあって、なんとなく今年は「ネクストシーズン」という言葉が頭をよぎっております。
ほんの少しだけの燃え尽き症候群と無限に広がる次回作への構想の中で、なんとなく浮遊感を感じながら「さて、何から手を付けたものか・・・」といったところでしょうか。
まあ、やることはほとんど決まっているのですが。順番の問題とも言えます。
この仕事を始めた時からずっと作りたかった作品を、もしかしたら今年こそは手を付け始めることができるかもしれません。

そして上の画像はいえば、昨年のいろいろあった私事の中のほんのちっぽけなトピック「ボールパイソンを飼い始めました」という報告の画像です。
今まで、いやそもそもこの私のキャリアのごく初期から何度となく取り組んできたモチーフなのに。そういう意味では日本でのボールバブル前夜から関わってきたヘビなのに。いまさらながら初めてうちに迎え入れた次第です。
個人的には今だからこそのボールといったところで、こんな綺麗なモルフが割とお気軽に飼えて(買えて)しまうのはバブルを経て充実して、落ち着いて、このタイミングならではだと思います。
たぶん今年中にはこの子をじっくりと観察しながらひとつ作品を作ってみたいと思っています。
そういう意味ではキャリアの初めのころは特にあるモチーフを作品にする際には「実際に実物を見る」「飼えるようなら飼う」というのを心掛けていたのを改めて思い出したりもしています。
そういえば、だからマダガスカルにも行ったんだったなぁ、と。
一匹のボールが初心を思い出させてくれました。


長々だらだらと書いてまいりましたが、おそらく今年もマイペースに、ですが着実に新しい作品を制作していくと思います。
ネイチャー系、幻獣系、それから怪獣系に至るまで続々と発表していくつもりです。
初夏に地元桐生にて、初秋にいつもの花影抄にて作品展の予定もあります。
本年もひきつづきのご愛顧よろしくお願いいたします。


2018年吉日
守亜 和由喜
アクアプラント
| とりとめなし | 00:38 | comments(0) | - | - | - |
お待たせしましたオンラインショップ更新


12月17日12時更新予定です。

・根付ストラップ
クロボシウミヘビ
グリーンイグアナ
コバルトツリーモニター
エリマキトカゲ
マダガスカルへラオヤモリ
ニホンヤモリ
ボールパイソン
クロボシウミヘビ
パーソンカメレオン
オオグソクムシ
ミミセンザンコウ

・根付ストラップ特装版
ヒョウモントカゲモドキ“トータルエクリプス”
ヒョウモントカゲモドキ“スーパーマックスノー”
ヒョウモントカゲモドキ“バンディット”
ボールパイソン“アルビノ”

・Tシャツ
ヒメハブ
日本のヤモリ
グリーンイグアナ(新色)
クレステッドゲッコーパーカ
放散虫ネオアルバイレラ
放散虫ウヌマ(ポロシャツ)
| オンラインショップ情報 | 22:24 | comments(0) | - | - | - |
東宝怪獣根付“凝”ミニラ&ゴジラ
ミニラ生誕50年だそうです。
というわけで、ゴジラストアさんのほうではミニラ50周年企画がはじまっておりまして、その中で怪獣根付の新作としてミニラとパパゴジラがお目見えしました。

ミニラ

怪獣根付のシリーズ化が決まった時、まさかミニラまで作ることになるとは思いもよらなかったでしょう、過去の私よ。
可愛いのかどうかは置いておくとしてとにかく元気いっぱいに、立体物として面白く作ろうというのがコンセプトです。
なにげに背面の資料を探したりするのに手間取ったりして、けっこう思い入れのある作品に仕上がりました。

ゴジラ(ゴジラの息子版)

怪獣根付のシリーズ化が決まった時、まさか(以下略)
こうなったらいつかメガロゴジラなんかも作ってみたいと思っておりますが、まあそれは置いておきましていわゆるパパゴジラです。強い!けどどこか優しげな表情。それからタワー型というかなんとなくすらっと縦に長い印象のまま制作しました。頭部の細かいところは僕なりの解釈なんかももりこみつつ、これまた手の込んだ作品に仕上がりました。
というかこれを逃すともう守亜版パパゴジラを手にする機会はないと思いますので、ミニラと合わせて記念にどうぞ。

クオリティに関してはもちろん、今回も私自ら目の彩色を担当しております。
自信を持ってオススメです。
| 怪獣根付 | 20:53 | comments(0) | - | - | - |
このページの先頭へ